月別アーカイブ: 2015年9月

title:new hair

秋晴れの気持ちいいお天気が続いておりますが、

シルバーウィーク、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

最近お店にご来店頂く皆さまから、

BLOG見ています、というお声が聞け、

恥ずかしくも、とても嬉しく思います。

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

 

それでは、今日も。

 

 

 

先日、伸ばしていた髪をバッサリ切りました。

 

今回こそ腰まで伸ばすぞ、と意気込んでいたはずのですが、、

その時の”気分”というのは、なかなか強いものです。

 

男性が髪の毛を切る感覚とは、少し違うのかもしれませんが、

私にとって髪を切るのはとても大きな事でして、

やはり勇気が必要です。

 

ですが秋冬のお洋服をイメージした時に、

どうしても変えたくなって。

 

そしたら毎日のお洋服選びも、メイクもスタイリングも、

全てが新鮮に感じられるようになりました。

 

時には変化も必要だなと、

つくづく実感。

 

秋冬ファッションの準備がようやく整いました。

 

季節の変わり目ですが、

皆さま風邪にはお気をつけくださいませ。

FullSizeRender

 

NAT

 

title:

data

 

2015. 9. 18

 

最近、お弁当箱を変えました。

曲げわっぱ

 

中身は今朝、土鍋で炊いたご飯と炒め物、

3対1くらいが僕の黄金比率です。

 

流し込むようにそそくさと食べていた以前とは一変、

自ずとよく噛んで、そして味わって食べるようになりました。

 

丁寧な時間の使い方、その傍らには

丁寧なモノゴトが必要不可欠であることを再確認。

 

雨続きの空模様でも変わらず店先のベンチで。

実りに感謝し本日もこれからお弁当を、いただきます。

 

PS.

明日は新入荷がございます。

そして.fataleでは特集がアップされていますので

是非、ご確認下さい !

 

DAI

title:I’m pink and blue for you

 

先日Esther Kimの個展 ” I’m pink and blue for you “ に行ってきました。

 

この個展では、

韓国系アメリカ人でありながらも、10代を日本で過ごし、

現在アメリカに拠点を置く彼女のアイデンティティを表現しています。

 

描くイラストの独特の世界観は、どこか癖になる。

そんな彼女の個展に行って、色々と思うものがありました。

 

 

 

 

ピンクとブルーにこだわるのには秘密がありました。

 

韓国と、日本、そしてアメリカの国旗。

その国旗に使われている赤、白、そして青を混ぜ合わせて、

違った色合いを取り出しています。

それがピンクとブルー。

 

そしてそれらの色で、

ミクスチャーな環境の中で育った彼女だからこそに芽生えた様々な価値観や矛盾を、

ポートレイトを通して表現しているのです。

 

アイコンキャラクターである自由奔放な「エスターバニー」も、

彼女自身のポートレイト。

シンプルで、制約はされない。

 

 

 

 

 

彼女の描くイラストが国境を越え、

世界中の女の子に愛されている理由がよく分かりました。

 

そして私も今まで以上にバニーや描かれる女の子達、

なによりEstherという女性のファンになりました。

 

FullSizeRender 2

 

Thanks Esther.

I want to catch up with you again!!!!!

 

NAT

title:

data

 

2015. 9. 8

無事、2度目のコレクション立ち上げを迎えました。

多くのお客様にご来店頂き心より御礼申し上げます。

 

 

さて、まずはある本からの抜粋を。

 

人間が絶対者であるかのような錯覚が、

科学を支配したとき、

人間は科学によって支配され、

今日の日本のような物質文明の危機にさらされることになった。

 

この本は約40年前に書き上げられたもの、

時を経ても変わることのない実体に

如何に人間が自省を忘れた愚かなるものかと思います。

 

科学によって発展を遂げたことは事実として

循環という概念を無視し、共存という宿命に背いた代償は

決して少なくありません。

 

農薬による汚染、毒薬による公害、挙句は核兵器。

 

科学を利用し、そして必ず裏切りを受けた歴史を

我々の世代も決して忘れてはいけないと思います。

 

DAI

 

title:始まり。

 

IMG_4110

気がつけば九月。

 

本日は久しぶりの青空ですが、

すずむしの鳴く声すら聞こえてきそうな最近の肌寒さは、

衣替えを煽られているよう。

 

このひんやりとした空気を肌で感じると、

夏の終わりを告げられているようで寂しくもあります。

そうして毎年この頃に、

その夏の思い出をゆっくりと振り返るのです。

 

だんだん昨年、一昨年、、と過去の夏も気になりだして、

アルバムの写真を見返しては色々と思うものがあります。

 

昔思い描いていた「大人」と今の自分は、

同じだったり違っていたり。

 

だけれど夏が大好きなこの気持ちは、

昔も今も何も変わりませんでした。

 

夏のお天気の日はとっても嬉しいし、

海やプールが楽しいし、

大人数でのバーベキューが好きです。

 

だけれど今年の夏とはそろそろお別れ。

続く季節は、秋。

 

DESCENDANTでも明日から2015 2ND COLLECTIONの立ち上がりを迎えます。

 

既にカタログをご覧頂いた方もいらっしゃるかと思います。

 

日常のハイライトに着飾るための服ではなく、

むしろ何でもない日々の暮らしの中で着る服。

 

西山家のワードローブ、第二章の始まりです。

 

当日、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

是非足をお運びくださいませ。

NAT